読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天と地をつなぐ❇ LULU LOTUS

グラウンディングヨガ講師養成 VTAlchemyカウンセリング YUJ LOTUS 舞リージング

ジャズダンスにチャレンジ

晴れるやハルちゃんです✨




これまで自ら習おうと思ってこなかった

ジャズダンス。



高校の頃の習った時のイメージがあまりに良くなかったからかもしれない。


あれ?!

ミュージカルが好きなら

ジャズダンスすれば良かったのではないのか?!

な~んて

今思い返せば不思議なくらいなのだが…




それはさておき

今になって

ジャズダンスをやるときが来た!


と言っても

クラシックバレエのレッスンで

どうしても月4回をお昼間のレッスンで消化出来ないから

ジャズダンスはその振替なだけ(笑)



勇気出して

初レッスン

受けにいったのよ。



ひゃ~

はやくてついていけな~い!

当たり前だけど

ウォーミングアップから

まともに出来る感じがしない。。。



で、でもね

楽しかったの~❤



最後には

コーラスラインの曲にテンション上がる。

振り付けを曲の音源をゆっくり目にして踊るけれど

それでも動きがはやいって感じる。



いや~ しかし

でもこれ

踊れたらカッコいいよね!



先生が

「ジャズは細かい説明が難しいのよね」

「とにかく、ノリだから」



たしかに

はやいから細かいこと気にしたら動けなくなる。

細かいことは踊れてからだ。



私がジャズダンスを苦手としてきた理由がわかった。

私は はやいのが苦手だと思ってきた。

それは 違った。


これまでの他のダンスも

振りをさらう時に

カッコ悪いところをみせるのが嫌で

細かいところまで一気にある程度出来てないと思ったら

小さな動きで目立たないようにしてきていたんだと

気づいた。

人がみてないところで完璧にしたかったのだ。

失敗もしたくなかった。



だから練習より

本番に強いと思っている私が居たところもあるのだな。




まずは

カッコ悪くても

全体の雰囲気で捉えるだけで良かったのだ。

思いっきり動かないと

スピーディーな振り付けは覚えられないんだから。



今の私は「カッコ悪くてもイイ」って思えた。

大きく動いてみた。

振り付けを覚えて帰った。


練習だ!

バレエだけでなくジャズも受けたい!

踊れるようになりたい!

出来ることなら毎日でもダンスを習いに行きたい!




踊れるとか踊れないなんてことは関係なく

踊ったあとの私を鏡でみたらイキイキしている✨


それは 一目瞭然!

魂から喜んでいる。



踊ることは

私にとって

カラダを愛でることだ❤

ありがたいことに

とても今の私に

必要な先生や周りの生徒さんたちが居てくれている。


カッコ悪くたって

カッコ良く出来ても

安心していられる。


やっとこの時がきた✨



楽しすぎて

笑いが止まらない🎵

f:id:halulu-jasmine:20170518182602j:plain





「からだからの真実の声をきいて」
安心してムーブメントしてみよう!